, ニキビ対策のスキンケア
ニキビ対策のスキンケア

ニキビ肌でお悩みの方が困ることに「スキンケア」があります。しっかりと汚れを落としたいけどニキビは刺激したくありません。 乾燥させた方が良いとか保湿した方が良いとか・・・「何が正しいのか分からない!」という方が多いようです。 ニキビ肌の正しいスキンケアのポイントは「適度な洗顔」と「油分を控えた保湿」の2つです。では、具体的に説明していきましょう。

ニキビ対策のスキンケア方法

★過度な洗顔は禁物!

ニキビが気になる方はどうしても「皮脂をしっかりと落としたい」「皮膚の汚れは完璧に落とさなければ」と思いがちです。 確かに余分な皮脂や汚れは洗顔で落とさなければなりませんが、一日に何回も洗顔したりメイクもしていないのにクレンジングをするのはやりすぎです。 しかし洗顔で一生懸命洗っても閉まった毛穴に詰まった汚れや皮脂は落ちませんし、本来必要な潤い成分も洗い流してしまうことになりかねません。 そうなると乾燥肌の状態になり角質が硬く厚くなってしまい、さらに毛穴の詰まりを促進してしまいます。 「いつも洗顔でお肌をキレイにしているのにニキビが全然治らない」という人は、洗顔方法を見直してみる必要がありかもしれません。 では、正しい洗顔方法について説明しましょう。

★ニキビ肌の正しい洗顔方法

洗顔はクレンジング剤を使ってメイクを落とす「クレンジング」と皮脂や汚れを洗顔料で落とす「洗顔」の2つに分けられます。 最近では両方を1度にできるワンステップの洗顔料も人気ですが、そもそもメイクの汚れと皮脂の汚れは違うものなので一度に落としてしまうというのは無理があります。 特にニキビ肌の人は成分にも注意したいので、それぞれ独立したものを使いましょう。

★【クレンジング】による正しいメイク落とし

メイク落としはクレンジング剤を使いますが、クレンジング剤には「洗い流すタイプ」と「拭き取るタイぷ」があります。 ニキビ肌の場合は洗い流すタイプを選択した方が賢明です。拭き取るタイプはいくら柔らかいコットンなどで拭き取るといえども、お肌を擦るためにどうしても刺激してしまいます。 ダメージを負っているニキビ肌には過度な刺激は禁物ですので、なるべく洗い流すタイプを選びましょう。 また、成分についても油分の少ない商品を選びましょう。油っぽいクレンジング剤は洗い流しているつもりでも肌に蓄積してニキビ肌に悪影響を与える可能性があります。 ノンオイルのクレンジング剤もありますがこの場合メイクの落ちも弱くなってしまう傾向にあるので、鉱物油を使っていないクレンジング剤を選ぶようにしましょう。 メイク落としの際も洗い流す際もお肌を擦らないように指の腹で軽いタッチで行うようにしましょう。

★【洗顔料】の正しい選び方

クレンジングが終わったら次は洗顔料での洗顔です。こちらは皮脂やお肌の汚れなどを落とすための洗顔となります。 洗顔料は弱酸性成分の商品が最近人気のようですが、お肌に優しい反面汚れ落ちが弱いということがあります。 アルカリ性の洗顔料もお肌につけっ放しではお肌が荒れる原因となりますが、きちんとと洗い流せばアルカリ性でも問題ありません。 成分についてはよく分から無いという方が多いようです。そういう方にはプロアクティブやオルビスクリアシリーズなどニキビケア商品に含まれている薬用洗顔料などが安心して使えて選ぶのに迷うことがありません。

洗顔はクレンジング剤と洗顔料の成分と洗い方に注意してお肌をキレイに保ちましょう。続いてはにきび肌の化粧品選びについてです。≫ニキビ対策の保湿ケアはコチラから